読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシとサツエイとヘンシュウとワタシ

居酒屋探検家で自称:カメラマンと編集さんの私の日々。

シンガポールへ行ってきた その12

最後の夜は再びChina Townへ。

ニンジャガールズのみなさんと肉骨茶をいただく
シンガポールで一番人気の肉骨茶のお店らしい。チャイナタウンの駅直結の松發と言うお店だ。
うん、美味い!お肉の出汁とニンニクと生姜と・・・あと判らない。複雑だけど美味い!日本の肉骨茶とはやはり違う!

f:id:nomisukeinternational:20160912154305j:plain

まずこれでカレーを作るなんて考えていないだろう。
美味いだろうけどw


そしてこのトンポーロー?も最高に美味かった。
もともとこの下の汁が肉骨茶の出汁の色だと思っていたから大違い。
そういえばBugisの夜に食べたスープも濃くはなかった。絶妙な塩加減で優しかった。
そう考えると、本場のご飯は優しいのかもしれない。
ニンニクは必須だけど。

f:id:nomisukeinternational:20160912154310j:plain


その後、China Pointの反対側のMaxwell方面へ出てきた。
この旅は日中行動が9割だったのでかなり日焼けした。
そうしたら現地のカード作りませんか?の方から・・・

「Are You India?」
と・・・

相当日焼けしたみたいで・・・特に気づかなかった。

 

やんわりJapaneseとお断りして街のなかへ。

f:id:nomisukeinternational:20160912164608j:plain

 

その後、午前中に行ったMaxwell再び行ったけどやはりここはほぼランチ営業で終わりという情報は正しく完全にシャッター商店街になっていた。
確かにここは駅からちょっと離れている。(と言っても200mは離れていないと思うけど、日本だと駅近でもここはおそらく駅からちょっと離れている部類なのだろう。)

f:id:nomisukeinternational:20160912170206j:plain

 

でもここの駅前は20年くらい前の上海・香港の感じがして面白い。

f:id:nomisukeinternational:20160912170641j:plain

寺院の中でやっていた歌謡ショー?カラオケ大会?満員だった。

 

店舗の一部ではドリアンが売られていて時よりかなりキツイ匂いにやられると共にビール飲んだ後なのでお腹の中もおかしくなる。

f:id:nomisukeinternational:20160912170718j:plain

そんな街中をイクイレクタンギュラー(リトルプラネットの下の写真)で

松發は駅の反対側。どちらかというと今の上海・香港の感じがする。

確かに、Little Indiaも道挟んで近代的な建物があったりするし、至る所が近代的だけどこういう夜店てきなところをちゃんと残している。
こういうのってやはり重要だよな・・・

で、この文を書いている時に気付いたのだけど・・・ちゃんと写真を撮っていなかった。

 

続く

 

シンガポールへ行ってきた その11

Haw Par Villaを出た私はどこに行こうか悩む。
小腹は空いたような空いてないような。
とりあえずまた日本人に会わなそうなフードコートを探すか・・・

で、ちょっと気付いたことがあり・・・
一つの仮定だけど、MRTの交わる駅にはフードコートがあるのではないか?

Haw Par VillaはCC(サークルライン)というMRTなので、このラインと交わる駅を路線図で見る。

 

結構あるんです。昨日も書いた通り必ず一駅では交わるように都市設計されているので、(3〜4駅で交わるようになっているのです。コレが判ると一つのMRTに乗って移動するより同じ目的地には乗り換えて行った方が明らかに早く着く場合が多いです。)

で、ホテルに一度戻るので・・・行ったことない駅の方向へ・・・

で着いたのは、Bishanという駅。結構でかい。
BugisもそうだったがJunctionというショッピングモールがあってそこを越えればあるかもしれない・・・

やはりありました。
カフェテリア?小さなフードコート。ちょうどバスターミナルの上です。
(雨で疲れて写真を撮り忘れています。想像でどうぞ)

早速何を食べるか悩む。ここはちゃんとムスリム用のフードも置いている。
一昨日到着した夜に見たけど食べられなかった牡蠣の炒め物がここにある!
と、思いついに購入。

f:id:nomisukeinternational:20160912112912j:plain

 

牡蠣は小ぶりだけど、ちゃんと下処理されていて美味い!
牡蠣で食中毒なんて起こされたらお店も無くなってしまうくらいの処分が下されるのでちゃんと火が通ったものだ。
これは優しい味だぞ!

f:id:nomisukeinternational:20160912115345j:plain



ということで・・・きになるものを・・・
どこのフードコートでも見なかったので・・・

f:id:nomisukeinternational:20160912113844j:plain

Fried Kway Teow

おそらく麺料理。コメの麺かな?小麦の麺とは食感がやや違い、なんか優しい。

f:id:nomisukeinternational:20160912115359j:plain

今調べたら、やはりマレーシアとかで食べられているお米の麺の炒め物みたいだ。

しかし、こっちに来ると大概の炒めた麺は黒い。甜麵醬ではないようだけどなんなのだろうか?

そんなことを思いながらホテルで着替えて夜に備える。

 

続く

 

 

 

 

シンガポールへ行ってきた その10

シンガポールブログも10回目
もう少しで終わります。

海南鶏飯を食べて・・・次に向かうのはタイガーバームガーデン
現在名はHaw Par Villa。地下鉄もこのタイガーバームガーデンのために駅が出来る程だ。

ちなみにシンガポールの地下鉄網は結構東京メトロに似ている感じがする。
黄色のサークルラインは東京でいうと丸ノ内線とか大江戸線みたいな感じ。

で、唯一素晴らしいのはどのラインでも最低一回は相互に乗り換え可能の駅が存在すること。
例えば・・・東京メトロだと日比谷線半蔵門線はメトロ管内は交わることないんですよね。
(交わるのが半蔵門線が管内を出た北千住。管内で乗り換えって結構面倒なんですよね・・・半蔵門線日比谷線。必ずどこかに1クッションの路線が入るんですよ。)

で、Haw Par Villa。

f:id:nomisukeinternational:20160911203956j:plain

 


巨大フィギュアの展示パークで一つ一つが意味あるような、無いような。
でもなんか笑えて癒される。

f:id:nomisukeinternational:20160911204120j:plain

 

例えば地獄の門とか・・・は理解できた。Too Young, Too Dieを見たから。

f:id:nomisukeinternational:20160911204410j:plain

f:id:nomisukeinternational:20160911204338j:plain

f:id:nomisukeinternational:20160911204252j:plain

 

おそらく牛魔王・・・かっこいい。かわいい。

f:id:nomisukeinternational:20160911204805j:plain

 

これはもう判らなかった。

f:id:nomisukeinternational:20160911204916j:plain

 

自由の女神は素敵な微笑み

f:id:nomisukeinternational:20160911205116j:plain

 

どの人魚さんにするか悩む。

f:id:nomisukeinternational:20160911205443j:plain

 

やはり勝てない。

f:id:nomisukeinternational:20160911205604j:plain

 

リスは生きています。

f:id:nomisukeinternational:20160911205730j:plain

園内は工事中でまた何かできそうな感でした。
ここはまたいかないとダメだと感じ・・・
ここでスコール並みな短時間の大雨が降ってきそうなので地下鉄に乗ってちょっと避難することに。

 

続く

 

 

シンガポールへ行ってきた その9

都合三日目の朝はちょっと遅く起きてブランチ。
と、書くと聞こえがいいでしょ?
実際は前日疲れすぎて・・・起きれなかっただけ。

 

と、いうのも情報だと11時から開くと言われている海南鶏飯(ハイナンチーハン)の人気No.1と言われている天天さんへ行こうと思い(かなり観光モード)10時くらいに着く方向で色々見ながら行けば・・・とChina Townへ。

f:id:nomisukeinternational:20160909092004j:plain

 

Maxwellまで行くには開店前のChina Townの静かなオープン前を見れたり・・・

f:id:nomisukeinternational:20160909092350j:plain

 

ヒンドゥー教の寺院を見たりできる。
(近所にモスクもあり、多民族国家だというのはここに来ると本当にわかる)

f:id:nomisukeinternational:20160909092447j:plain

f:id:nomisukeinternational:20160909092455j:plain

 

なんか目出度い通りを抜け

f:id:nomisukeinternational:20160909094220j:plain

 

路地を入って

f:id:nomisukeinternational:20160909094223j:plain


Maxwell Food Centre に着くとお目当ての天天はちょうどオープンじゃないか!

空港からここへ直行する方達もいたり相当な人気っぷり。

しかもネット情報とオープンが1時間違うしw入念に調べてもない。
だから言っておこう。
ここは10時8分くらいにオープンする。

f:id:nomisukeinternational:20160909094428j:plain

 

そして出てきたのがこちら。

f:id:nomisukeinternational:20160909095734j:plain

日本で食べているのはもう違うものです。
いくら本場の味と謳っていてもこのガーリックライスは日本のどの店にも無いし、鶏の仕込みやタレに至るまで違う。日本で食べるのは今後は日式海南鶏飯と呼ぶかもしれないw

 

せっかくだからいつものリフトアップ。

f:id:nomisukeinternational:20160909100048j:plain

 

と、ワシワシ食べていると目の前の相席の夫婦が食べているのも美味そうで比較対象物がないとダメだと感じた私は・・・

天天の二軒隣にある阿仔の腿ライスもいただくことにした。

f:id:nomisukeinternational:20160909100720j:plain

 

こちらは熱々の炊きたてご飯にしっとり仕上がった腿の飯。

f:id:nomisukeinternational:20160909100833j:plain

せっかくだからリフトアップも。

 

f:id:nomisukeinternational:20160909102124j:plain

これも旨いぞ!
幸せな気分になってきた。隣の店で同じように作っているのだろうけどまったく違う。
食べている部位が違うといえばそうなのだけど、天天はしっとり。阿仔はプリプリ。
甲乙つけ難い。

相席の夫婦の奥さんが「こっちもいいでしょ?でも私は天天が好きなのよ。でも旦那の弟が阿仔の人(写真の右下で作業している)なのでどうしてもこっちなのよ(笑)」

といえば、
ビールの売店のおばさんには

「あなたね!朝からチキンライス一人で2杯も食べ比べしているのは!私はねご飯は天天が好きなのよ。でも肉は阿仔の方ね。あなたは?」

「どっちもいいけど、どうしてもというなら同じ答えだね。」


非常に満足して次の場所へ・・・

時々、昔の九龍の様な光景を見るのだけど・・・これは政府公認の風景なんだそうです。

f:id:nomisukeinternational:20160909102302j:plain

 

 

 

シンガポールへ行ってきた その8

悩みの夕飯(笑)

ホテルの隣の駅にもフードコートあるよ!というので行ってみると・・・

ビールがない。
のと・・・
保険会社の1階にあるので異様に綺麗。私が求めているのはこれではない!

と途方にくれ・・・
朝行ったBugisのAlbert Centreへ行く。

このホーカーセンターというやつは朝飯対応、昼対応、夜対応と店のオープンが変わる。

もちろん昼が一番多いのだけど19時過ぎると6割シャッター商店街になる。
で・・・
もちろん朝はここでおかゆを食べたので一応、どこに何があるかは覚えている。

夜に選んだのは・・・

f:id:nomisukeinternational:20160908151833j:plain

このお店の

f:id:nomisukeinternational:20160908151858j:plain

白身魚のフライが入ったスープ。
これがまたあっさりとして美味い!日本にはない味!塩味だけどほんのりニンニク!
また後ろにあるBARON'Sというビールがアルコール度数高くて美味い!シンガポールビアなのかは不明だけど・・・

そして・・・

f:id:nomisukeinternational:20160908151844j:plain

こちらのお店の売り1位と思われる肉骨茶かと思いきや・・・


f:id:nomisukeinternational:20160908151912j:plain

魚のすり身の餃子と

f:id:nomisukeinternational:20160908151928j:plain

その中身がおそらく一緒のワンタン

 

 

f:id:nomisukeinternational:20160908151929j:plain

具材は白身魚と玉ねぎ、そしてうっすらニンニクとシンプル。

 

 

f:id:nomisukeinternational:20160908151945j:plain

ワンタンはこのマヨネーズにつけて食うのだけど・・・このマヨネーズが全くコクがない。

ので・・・

f:id:nomisukeinternational:20160908151940j:plain

魚を食べた後のスープにドボン。
あげワンタンスープ。

これが非常に旨かった!後から唐辛子をちょっと足すのだけどとても旨くて残りの6個くらいを一気にスープへ入れて食べた。お店の二人がそれを見ていて両方からサムアップサインをもらうw

f:id:nomisukeinternational:20160908151951j:plain

 

ワンタンの皮のややパリ感と濃いめの味付け。なんかすごいマリアージュ

と一人感心しながら2本目のBARON'Sを飲みながらふと見るとこの魚のスープ屋さんと肉骨茶屋さんは同系列のお店とは思えないけど(看板のカラーが一緒だからふと思ったけど、こんな看板はどこでもあるし・・・)なんか恋仲なのかな?店も対面だし・・・お客の私を置いて手をつないで帰ってしまったw。
ま、フードコートはハラール料理も出しているけどノンハラールハラールの食器は区別して回収されているし、(そういうこともあってなのか?自分で食器を片付けることはあまりしていない。)逆に遅く来てしまってごめんね!的な感じで一人食べて、ちょっとフラフラしながら宿へ帰ることにした。

 

f:id:nomisukeinternational:20160908151731j:plain

 

でも帰りのBugisの駅へ行く道は何かと混んでいる。もしかしたら・・・と思ったらやはりそうでここは昼から夜にかけてのフードコートが存在した!チーパイなどの台湾飯もあったりどちらかというと台湾の夜店な感じでやっている印象だった。

続く

シンガポールへ行ってきた その7

セントーサ島を後にし、マーライオン公園があるというラッフルズ プレイスという駅まで行きそこから歩いて10分という恐れ多い距離を歩くのだがまず、道が判らん。

ので高級ホテルまで歩いてトイレを借りつつショートカットを教えてもらう。
運河沿いに歩いて(一応、川らしい)道路を横切ればいいよ!と信号、および横断歩道を無視する対応も面白かったがとりあえず進む。

f:id:nomisukeinternational:20160908110500j:plain

 

そして

f:id:nomisukeinternational:20160908113005j:plain

見つけた!!早速写真を撮る!

f:id:nomisukeinternational:20160908112408j:plain

水といえばスローシャッターだろう!とりあえず手持ちでいく!苦しい!

せっかくだから誰もやっていないことをやる。
大概は水を受け取るとか口開けて受け取るとかだろう。
自撮りでそれやるの難しいんですよね・・・
でもやりますが。

 

 

 

 

 

f:id:nomisukeinternational:20160908113633j:plain

くしゃみの前に出る鼻水。(自撮)

 

 

で、振り向くとマリーナ・ベイ・サンズじゃないですか!

f:id:nomisukeinternational:20160908114101j:plain

 

確かにマーライオンの顔とマリーナ・ベイ・サンズを一緒に撮るのは難しいというか不可能ですね。

そこでTHETAの登場ですね。

やってみました。

f:id:nomisukeinternational:20160908115625j:plain

余裕があればこちらのリンクも↓

https://theta360.com/s/cdJC8jZLYCtKn2tkA3GaNXXN6

 

 

せっかくだからライトアップを見ていこう。
そしてやはりスローシャッターを。

f:id:nomisukeinternational:20160908120348j:plain

やはり決まると綺麗ですね!

街並みと共に。

f:id:nomisukeinternational:20160908120543j:plain

 

これやるならリモコンも持って行けばよかったと後悔しながら恐る恐るシャッターを切る。

f:id:nomisukeinternational:20160908131629j:plain

シャッタを押したらブレるので・・・

次回行くことがあったらリモコン持参か・・・もしくは併用できそうなデバイスを考える方向で。

 

ふと見ると地元の青年達?がバルブ撮影でマリーナ・ベイ・サンズを撮影している。何かと思いきや、目の前の船のラインが格好いいそうなんで。
ついでだからやってみる。

f:id:nomisukeinternational:20160908142226j:plain

なるほどね。しかし、開放時間が長くないとこれは面白くないね。
同じメーカーを使っていたのでバルブで処理するよりシャッッタースピードで処理した方が面白くない?と観光名所で色々話して盛り上がっている時に、記念写真カメラマンから「お前ら邪魔」と怒られる。

 

で、もうそろそろ戻るかな・・・と思って撤収し始めたらなんか周囲が派手に動く。

レーザーショー?

f:id:nomisukeinternational:20160908142831j:plain

何年か前にレーザーハープのショーを撮影したことがあるのですが、このレーザーラインを撮影するのって結構難しいんですよね・・・これは結構出力高いレーザー使っているからここまで写るけど、シャッターもスローだし手持ちでやったことを後悔しました。

 

てな感じで夕飯の問題になるのです。

続く

シンガポールへ行ってきた その6

リトルインディアが素敵すぎるのだけど世界三大がっかりマーライオンを見る!
とカレーを食べながら決意した私はティッカに別れを告げ、地下鉄に乗りハーバーフロント駅へ。

そこからバスに乗りセントーサ島へ。
そういえば写真を撮り忘れたけどシンガポールのバスは結構近代的デザインで、道路が広いのでバスも結構でかい。そしてダブルデッカーだの連結機だの種類も多い。
公共交通機関として本数も多く、結構地下鉄と同じ路線を走るものも多い。
この路線掘って開通したからバス減らします。みたいな東京のものとは全く違う感じ。
ただ、このセントーサ島行きのバスは昔は無料だったけどモノレールができてから廃止されたと聞いたけど普通にあった。しかも1S$。

f:id:nomisukeinternational:20160908093715j:plain

 

そしてセントーサ島

f:id:nomisukeinternational:20160908094338j:plain

 

 

完全たるリゾートアイランド。
それ以外の言葉は何もない。
ユニバーサルスタジオシンガポールとか(興味がなかったので撮影しませんでした。)

f:id:nomisukeinternational:20160908094627j:plain

水族館的なものもあったり、ゴルフ場もあったのかな?
ま、すごいですよ。カジノもありましたね。

東京にコレを作れと言われたら台場が候補なのだろうけど

インフラを整備して青梅とかあきる野あたりに作ればいいんじゃない?人も増えるだろうし。あそこらへんの雇用対策にもつながると思う。若い人も増えるだろうし。

 

f:id:nomisukeinternational:20160908094502j:plain

これは作りかけの何かなのか?完成系にも見えるが、日本だとどうしても作りかけか解体作業中止で業者が放置した状態にしか見えない。でも完成系なのだろう。

 

 

そしてセントーサ島を歩き探し回って30分。(セントーサ島の地図すら見ずに歩く)
とうとうマーライオンを見つける。

f:id:nomisukeinternational:20160908095705j:plain

 

ん?何か違うぞ。

f:id:nomisukeinternational:20160908095717j:plain

マーライオンは登れるものなのか?
水芸はいつなんだ?そのまま10分待つ。いたるところに噴水がありこのマーライオンのあの口から華厳の滝のように毎秒10トンの水が出るとかないのか?

 

f:id:nomisukeinternational:20160908094402j:plain

待てども水が出ないので近くを通ったこの島の人に聞いてみると・・・

「これ展望台だよ。携帯の電波塔も兼ねているのさ。水?出るわけないじゃんwww」

どうりで、ライオンの頭の上に人がいるはずだ。
しかも行列。

そして眺めてセントーサ島セブンイレブンで水を買ったら結構高くてw

 

公共交通機関なのか?ここに来る時に乗ったバスは1S$なのに対して、こちらはFREE。
これに乗ると全部制覇することになる。これに乗ってハーバーフロント駅まで戻ることにする。

f:id:nomisukeinternational:20160908102000j:plain

 

時間と予算に余裕があったら1日いても楽しいと思う。
しかし、今回は時間に余裕がない!猶予は実質あと1日なのだから!弾丸はそこが辛いけどそれもまた良い。多分、私の性格上セントーサに1日いることはないけど。リトルインディアには1日いても飽きないかもw

f:id:nomisukeinternational:20160908102447j:plain

 

 

続く