読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシとサツエイとヘンシュウとワタシ

居酒屋探検家で自称:カメラマンと編集さんの私の日々。

グレーディングは重要なのかもしれない。それはレンズに寄るかもしれない。その2。

4K Camera EF lends GY-LS300 台東区 チャーハン ラーメン ワンタンめん

今日のメシ

 

台東区の来集軒にてワンタン麺とソースチャーハン。
昭和39年位からあるみたいなので私が言った事あるお店では一番古いかもしれない。
もう素晴らしいと言う言葉しかない。ウスターソースのソースチャーハンといい、シンプルなお出汁のワンタン麺は古を感じさせる。
これは再訪問します。
ただ月・火・金・土のみの営業なのでそこは注意。

f:id:nomisukeinternational:20150424144149j:plain

外観

f:id:nomisukeinternational:20150424144201j:plain

ワンタン麺

f:id:nomisukeinternational:20150424144212j:plain

ソース炒飯

 

で、前回の続き。

Camera GY-LS300にLensがCanon EF Lレンズの場合どうなるか?というシューティングテスト。(カメラ側の設定はノーマル。)まずは撮って出し。何もいじくらないとこうなります。

 

www.youtube.com

 

これをグレーディングした結果がこちら。

 

www.youtube.com

 

では解説の方へ。

 

Lensの特性なんだろう。彩度が上がらないのでカラー全体がマットな感じになってしまう所を調整。

f:id:nomisukeinternational:20150424151352j:plain

↑オリジナル

↓処理済み

f:id:nomisukeinternational:20150424151401j:plain

 

 

接近戦での撮影。Olimpusの12-50に比べたらエッジピクセルはしっかり出ているが、カラーがと言うか何となく霞む。

f:id:nomisukeinternational:20150424152249j:plain

↑オリジナル

↓処理済み

f:id:nomisukeinternational:20150424152543j:plain

 

 

やはり全体的に彩度が低い。ので彩度を加え、さらにガンマを引き上げた状態。

多分普通に見慣れるとオリジナルの方が良い様に感じる。それは背景が暗いからであって、コントラストがしっかりしているからです。

f:id:nomisukeinternational:20150424154603j:plain

↑オリジナル

↓処理済み

f:id:nomisukeinternational:20150424154631j:plain

 

 

と言う様に前回と同じ条件ではないけど、レンズによってこんだけ色の収差が生まれてしまいます。自分が持っている5D3でも同じ比率のレンズ、Σの24−105ならここまで発色悪くなかったんだろうな・・・センサーよりもレンズですね。

ちなみにMetabonesのアップデートでSigmaのレンズは全部使えます。望遠はまだ試していませんが。中望遠までは勝手にテストしてしまいました。

ただ、このカメラのガンマをシネマモードにするだけで・・・そこの色の収差がかなり改善されます。それはまた明日にでも。