読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシとサツエイとヘンシュウとワタシ

居酒屋探検家で自称:カメラマンと編集さんの私の日々。

レッドリスト食堂・・・今行って食べたほうがいい!というシリーズをちょっとやってみる vol.1

食堂 レッドリスト 錦糸町 墨田区 東京 日式中華

私の愛読書に敬愛するなぎら健壱さんの「絶滅食堂で逢いましょう」という本がある。

 

絶滅食堂で逢いましょう―なぎら健壱が行く東京の酒場・食堂・喫茶店
 

 

もうない食堂もある。
それは昔ながらの中華(街中華とも日式中華とも言われる)もそうだし、ここで色々無くなっていくお店が多い。大概は跡取りがいないことが多い。現に、門前仲町にある楽楽さんは今月末で80年近い歴史に幕を降ろす。(チャーハンなどを見ると高橋の楽楽と同系列?ま、こっちもご年配の方達がやっている。)

その前に記憶に残さないと!と勝手に思い・・・勝手に自分の中のレッドリストを作成して勝手に綴る。題して・・・レッドリスト食堂。
と言ってもその店は別に閉店するわけではないのでご注意を。

で、今回取り上げるのは錦糸町駅から歩いて5分くらいのところにある
「沖縄亭」

f:id:nomisukeinternational:20160515224802j:plain

 

もう50年、この地でやっているそうだ。

御歳86歳のおばあさんが店子で優しさが溢れるお店でもある。

f:id:nomisukeinternational:20160515225141j:plain

 

まず頼むべきはこの野菜たっぷりの餃子。
味わい深く、またこんがり焼けた感じがまさにストロングスタイル。

f:id:nomisukeinternational:20160515225417j:plain

 

この日はポテサラ男爵

potesalamylife.blog.fc2.com

と、コロッケ女子

ameblo.jp

と、前・魚屋(ブログやっていたかな?多分やっていない)をここに呼んだ。

で、次に来たのは・・・

f:id:nomisukeinternational:20160515230240j:plain

チャーシュー。最近のチャーシュー盛りはどちらかというと豪快さを求めることが多いけど、ここはこじんまりと可愛い盛り付けのチャーシュー。これがまたいいです。

 

f:id:nomisukeinternational:20160515230517j:plain

ワンタン(麺はなし)
一言で言うなら、優しい。そして結構なボリューム。
麺が入るとボリュームがかなり増すので気をつけたほうがいい。

f:id:nomisukeinternational:20160515230908j:plain

私的にこれは涙モノレベルな一品がこのオムライス。
卵の下はポークライス(ケチャップ)でこれがまたすごい美味い!

昨今のフワトロオムライスはどうも私には適合しない。こういうオムライスがやはり好きですね。

 

もっと頼んだけど、この店のお話をしないと・・・
元々創業当時は沖縄料理を出していたみたいです。3年沖縄料理をやめてしまい・・・で、この日式中華スタイルを50年近く続けているみたいです。
沖縄亭はその名残で・・・今更変える予定はないそうです。

ちなみにこのお店には沖縄の方は誰もいません。
でもいいんです。
でも行ったほうがいいですが、店子のおばあさんをちゃんと労ってください。

 

 

沖縄亭

東京都墨田区江東橋4丁目14−4

Google マップ