読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシとサツエイとヘンシュウとワタシ

居酒屋探検家で自称:カメラマンと編集さんの私の日々。

シンガポールへ行ってきた その1

海外旅行。
数えてみたら最後の海外旅行は20年前にモンゴルへ行ったのが最後。
仕事はま、行っていたけど旅行としては20年ぶり。

シンガポールへ行ってきました。
何か仕事になるもないかな・・・とあわよくばの期待も持ちながら。
これが日本であったらとか・・・

ということでかなり弾丸でした。3泊4日。
飛行機はお友達の妹さんがいるイオン北戸田にあるJTBに出向き発券。
しかも日程は全く決めておらず、その場で決める。

荷物もかなり適当。本当適当に詰め込んだ。足りるのか心配だったけど。

また飛行機落ちたらどうしようとw
思い残すことないように飲み屋に行く

f:id:nomisukeinternational:20160907133845j:plain

西口やきとんのカシラ

f:id:nomisukeinternational:20160907134006j:plain

上野、肉の大山のカレーコロッケとメンチ。時間サービスで1L近く入っていると思われる大ジョッキが310円

 

 

 

そして当日朝。

押上から楽に行けるので、なんて空港に行くのに楽なところに住んでいるんだろうとちょっと感動。(押上からだと成田も羽田も1本で行けるのはありがたい。ありがたいと行って実を言うと海外は20年ぶりなので頻繁に乗っているようだが実を言うと初めてて)

ちなみに持ち込みバッグより預け入れのドラムバッグの方がやや軽いという。
仕事並みに機材を入れているのか?

f:id:nomisukeinternational:20160907123552j:plain

 

ちなみに今回持って行った機材はこちら。

f:id:nomisukeinternational:20160907123817j:plain

左から

・懐中電灯(アキバで100円で購入)
・UN ユニバーサルクイックシューP  UNX-5756 

UN ユニバーサルクイックシューP UNX-5756

UN ユニバーサルクイックシューP UNX-5756

 

 と、その予備プレート。

 

(カメラ複数台持って行く時、三脚は一台なのと雲台のプレートの取り外しが面倒なのでこれがあるとかなり楽です。本当に楽です。)

 

 

Casio  EXILIM ZR-1600

自撮りやタイムラプス撮影、簡単な動画にはいい!
今回はTLでちょっと使った。
 

 

Velbon UT-43Q

 このコンパクト三脚はかなりユーティリティー性高いのでもう手放せないですね。
東京で持ち歩いてもいいかな?とも思える三脚。今回はかなり使った。

 


もう直ぐ後継機が出る Canon 5D mark3にストラップはCarry Speed

 

 首から提げて歩くと疲れるのでストラップを伸ばしてたすきがけで持ち歩く。
レンズを誰かにぶつけることもないのでこれはカメラ購入当初からずっと使っています。



RICOH THETA S

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720

 

 ご存知、全天球カメラ。
これは いろいろ遊びました。撮影しているところをいろいろ見られてなんだこれ?と訊かれて・・・答える間にいろいろイベントが終わっていましたw 

 

 

SONY MV-1

 簡単に撮影しようと思って持って行ったが使わなかった。

 

 

Manfrotto PIXI EVO

Manfrotto ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 ブラック MTPIXIEVO-BK
 

使うタイミングを逃した。 

 

 

 

monopod

monopod(モノポッド) グリップ付き一脚 ブラック SP068

monopod(モノポッド) グリップ付き一脚 ブラック SP068

 

THETAにはこれがあるとかなり面白いものができます。

 

あとMBPを持って行って都合12kgくらい。

(次回はもう持っていかなくてもいいかな・・・iPad Proとかの方が便利かも・・・だって向こうで映像は作らなかったので・・・
ちなみにiPad Proは持っておりません。機会があったら買おうかと検討中)

 

そして日本最後の飯は成田着くと必ず朝マック

f:id:nomisukeinternational:20160907132407j:plain

 

そして

f:id:nomisukeinternational:20160907134425j:plain

シンガポール航空 ボーイング777-200で夢の中を彷徨うように出発するのであった。

 

次回へ続く。