読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシとサツエイとヘンシュウとワタシ

居酒屋探検家で自称:カメラマンと編集さんの私の日々。

シンガポールへ行ってきた その11

Haw Par Villaを出た私はどこに行こうか悩む。
小腹は空いたような空いてないような。
とりあえずまた日本人に会わなそうなフードコートを探すか・・・

で、ちょっと気付いたことがあり・・・
一つの仮定だけど、MRTの交わる駅にはフードコートがあるのではないか?

Haw Par VillaはCC(サークルライン)というMRTなので、このラインと交わる駅を路線図で見る。

 

結構あるんです。昨日も書いた通り必ず一駅では交わるように都市設計されているので、(3〜4駅で交わるようになっているのです。コレが判ると一つのMRTに乗って移動するより同じ目的地には乗り換えて行った方が明らかに早く着く場合が多いです。)

で、ホテルに一度戻るので・・・行ったことない駅の方向へ・・・

で着いたのは、Bishanという駅。結構でかい。
BugisもそうだったがJunctionというショッピングモールがあってそこを越えればあるかもしれない・・・

やはりありました。
カフェテリア?小さなフードコート。ちょうどバスターミナルの上です。
(雨で疲れて写真を撮り忘れています。想像でどうぞ)

早速何を食べるか悩む。ここはちゃんとムスリム用のフードも置いている。
一昨日到着した夜に見たけど食べられなかった牡蠣の炒め物がここにある!
と、思いついに購入。

f:id:nomisukeinternational:20160912112912j:plain

 

牡蠣は小ぶりだけど、ちゃんと下処理されていて美味い!
牡蠣で食中毒なんて起こされたらお店も無くなってしまうくらいの処分が下されるのでちゃんと火が通ったものだ。
これは優しい味だぞ!

f:id:nomisukeinternational:20160912115345j:plain



ということで・・・きになるものを・・・
どこのフードコートでも見なかったので・・・

f:id:nomisukeinternational:20160912113844j:plain

Fried Kway Teow

おそらく麺料理。コメの麺かな?小麦の麺とは食感がやや違い、なんか優しい。

f:id:nomisukeinternational:20160912115359j:plain

今調べたら、やはりマレーシアとかで食べられているお米の麺の炒め物みたいだ。

しかし、こっちに来ると大概の炒めた麺は黒い。甜麵醬ではないようだけどなんなのだろうか?

そんなことを思いながらホテルで着替えて夜に備える。

 

続く