読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシとサツエイとヘンシュウとワタシ

居酒屋探検家で自称:カメラマンと編集さんの私の日々。

誰にでもある欠乏症について

選挙の公約に医療用大麻
あかんやつを荒井代表は出してきたななどと思いながら数ヶ月。

私の周りにも欠乏症という言葉がはびこる。

一番聞くのは「にんにく欠乏症」
ま、疲れているのでにんにくを摂取しないといけない。ヒロポン効果?という名目上の話で、実際は・・・

「にんにくって美味しいよね!明日誰にも会わないからにんにくたんまり食べたい」
という話なのは2割。他は何かというと、ただ単にラーメン二郎が食べたい!というにんにく欠乏症が多勢。

二郎の場合、「にんにく欠乏症」はほんの一例で他に「ブタ欠乏症」「もやしキャベツ欠乏症」「エフゼット欠乏症」「オーション欠乏症」「アブラ欠乏症」「二郎のあのうま調欠乏症」「山田さん欠乏症」色々いる。

ま、リターナーが多い店ほどそういう欠乏症が発生するのも大変だ。
富士そばの「カツ丼欠乏症」とか「マックフライドポテト欠乏症」とかは誰もが経験したことあるだろう。

その中で一番体に悪いと思ってもついこれはいっちゃうんだよね〜!的なのが「トランス脂肪酸欠乏症」俗にいう「マーガリン欠乏症」これは厄介だ。まずもうマーガリンを主体にやっているお店は少ない。困る。



なので、今日は当分行けない気がしたのでジャポネ理事長を堪能してきた。

f:id:nomisukeinternational:20161026001854j:plain

ジャポネ理事長の楽しみは勝手にゾーンを作ることで、これは本当に楽しく最後まで食することができる。これは一例だが・・・

f:id:nomisukeinternational:20161026002550j:plain


こうやって今日も何かしらの欠乏症を解消できたのだ。

f:id:nomisukeinternational:20161026002754j:plain

 

これでなんとかトランス脂肪酸欠乏症は回避されたのだが、生姜焼き欠乏症とか刺身欠乏症、餃子欠乏症、など一難去ってまた一難な欠乏症が色々出てくるな・・・


などとこのジャポネのインディアンかジャポネか悩みながら思っておりました。
そういえば最近二郎には行っていない!あぁぁぁこの真夜中に大ダブルはもう無理!子豚でいい・・・

次回こそここの数少ない読者の皆様の食いつきが悪い映像の話を!!(本当にするのか?)